カラコン着用でメイク要らずに!

contact_color

私はもともとコンタクトレンズ着用者です。ですから、カラコンに抵抗はまったくありませんでした。けれども、カラコンの必要性をある時点まで、まったく感じていませんでした。「カラコンはビジュアル系バンドなどがするものだ」「もしくはギャルがするものだ」などと、ちょっと偏見に満ちたものの考え方でも見ていましたね。

けれども今ではすっかり、カラコン愛用者です。と、言うよりもカラコン信者とも言えるでしょう。もう、カラコンなしでは生活がしていけませんから。それよりも、外へすっぴんで出るのが不安ですね。

しかし逆に、カラコンさえ着用していれば、すっぴんでもなんだかOKのような気持ちになるのですよね。なんだか自信を出てくるというのでしょうか。そのぐらいに間違った自信を私がもってしまうぐらいに、カラコンは女の子のかわいさをアップさせてくれる魔法の道具だと思っています。

私はディファインというような、黒目の輪郭がハッキリと出てくるカラコンを愛用しています。ですから、非常にナチュラルなカラコンだと言えるでしょう。少し瞳の色よりも黒いカラーで、そして輪郭をしっかり見せるために、瞳の外側にやや黒いラインが入っています。

ただそれだけの仕掛けなのですが、けれどもこれだけで目が大きく見えるのですよね。

ビューラーでまつげをひっぱりあげて、

マスカラをゴテゴテにつけなくとも、カラコンだけで目が確実に大きく見えますので、初めて着用した当初は、ものすっごく驚いたものです。

ですからもう、それ以来すっかりリピーターですね。私は非常に視力が弱いので、もちろん度入りカラコンなのですが、色がつこうがノーマルだろうが、カラコンは値段が変わらないところもいいですね。消費者心理としては、そりゃあカラコンでしょう。

同じコンタクトでも色付きなのと、色付きでないものでしたら、コンタクトは色付きを選んでしまうでしょう。つまり、カラコンを選ぶでしょう。だって、カラコンをつけるだけで、アイメイクよりも効果があるのですからね!